狭小住宅は間取りで決まるのです

狭小住宅は、広い土地がなくても建てることが出来るというメリットがあります。
ですが、間取りによっては更に広々と感じることが出来るので、建てる時には間取りに拘ることが大切です。
廊下を作ってしまうと、それだけでスペースを取ってしまうので、間取りを考える時には、田の字を意識すると良いでしょう。
壁はデットスペースとなるため、収納として使うことも出来ますし、吹き抜けや窓によって、部屋を広く見せることも可能です。
田の字の間取りはシンプルなため、家具や家電を置く時に、そのレイアウトで困るということもありません。
更に、それぞれの部屋に窓を作ることで、自然の光りを取り入れやすくなります。
襖などを利用することで、部屋を区切ったり、広々と使うことも出来るので、家族の人数や来客の数に合わせて使うことも可能です。
狭小住宅を建てる時には、暮らしやすい間取りについて考えて、快適に暮らる方法について工夫してから建てることが必要です。